電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > さいみんレッスン! アイドルプロデュースは催眠で

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

カレン、ミー、ルカのアイドル三人グループ――恋色ディーバ。
日本を魅了する大人気アイドルである彼女たちは、
ひょんなことからアイドルとしての問題点を矯正するために、
プロデューサーの文也に催眠術をかけてもらうことに!
ところが、催眠術はエッチな方向に暴走して!?

新曲のレコーディングで失敗ばかりのカレンこと栗山花恋。
文也は彼女の不調を直すために催眠術をかけるのだが、
その原因はうまくできないと文也に嫌われるのでは、
という不安で委縮してしまうためだった。
嫌ったりしないと伝える文也に、花恋はその証拠として、
自分の処女を奪ってほしいとお願いし、
文也はその思いに応えて花恋と後背位でエッチする。

ミーことミレーユの問題は、その潔癖症な性格ゆえに、
エッチな質問に過剰に反応して、すぐに怒ってしまうこと。
文也は催眠術で彼女の性格をセクハラに寛容なものにするのだが、
催眠が効きすぎてエッチに積極的な性格になっていた!
ミレーユは逆に文也にエッチな質問をしてきたり、
足コキしてきたりと、大胆に迫ってくる!
その姿に興奮した文也を、さらにミレーユは誘惑し、
正常位で自分の処女を捧げてくるのだった。

今度の仕事はとある雑誌のグラビア撮影。
必要以上に恥ずかしがる花恋とミレーユとは対照的に、
羞恥心のかけらもないルカこと永江瑠香は、
大胆な水着を着ようとしたりと自由奔放な姿を見せる。
そんな彼女たちの提案で、性格を逆転させることに。

エッチな性格になった花恋とミレーユは大胆な水着を着て、
文也の身体にその巨乳と爆乳を押しつけて誘惑してくる。
恥ずかしがりな性格になった瑠香の衣装はスクール水着。
彼女も恥ずかしがりながら文也を誘惑し、
騎乗位で自らの処女を捧げ、膣内射精をねだってくる。

そうやって3人との仲を深めていく文也だったが、
瑠香の発言で彼が催眠にかかっていることが発覚して……!?
果たしてプロデューサーとアイドルの禁断の関係の結末は!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ025117
ファイル名/ファイル容量
BJ025117.zip / 10.36MB (10859088Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「さいみんレッスン! アイドルプロデュースは催眠で」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件