電子書籍 > 海王社 > えろまん娘3【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年06月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

楽天家で見た目は少年、でも実際はドSな鬼畜エロ漫画家をかの。
そんな彼に翻弄され続け、時には絶頂、時には痴漢中出しレイプなど、
さまざまな漫画ネタのために犠牲にされ続ける担当編集者兼アシスタントのひとみ。

次なる試練は回転寿司店で、謎のカッパ集団に襲われ、
あまたの触手に身体を拘束、好き勝手に舐め回される。
事態を把握出来ずに、ただ強制的に味わわされる快感に身をよがらせ、切ない喘ぎが甘く響く…。

「ひァアアァ~!!…らめ…もォ…もれちゃうぅぅ~!!」

瞳の膣内からしたたる甘い蜜に、カッパたちの行動は更にエスカレー!
胎内を奥まで激しく突き上げられるたびにひとみの声は憂いを帯びて行った。
カッパたちは、ひとみの液(エキス)にむしゃぶりつき、離そうとはしない。
カッパのモノで体を貫かれながらも、必死にをかのへ助けを叫ぶ、ひとみの運命は――!?

「ソコはらめ…らめ!!あ…おオォおぉおぉォ~~~!」

決して触手が離さない…。地球外生命体・カッパ星人たちにおいしくいただかれちゃう!?
美人編集者、最大の危機で失神するまでイキまくる!
鬼才・おかのはじめの描く濃厚肉蜜描写溢れる姉ショタ超絶エロス!!
波乱と愛汁に満ちたシリーズ第3弾、待望の後編!

「マガジンサイベリア Vol.052(BJ024902)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024911
ファイル名/ファイル容量
BJ024911.zip / 5.18MB (5429697Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.052(BJ024902)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「えろまん娘3【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件