電子書籍 > 海王社 > 監獄スクールデイズ【第3話】アナル強奪

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年06月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

快楽中枢を刺激するという怪しいお香によって激しい性欲に駆られ、
本能のままに憧れの同級生・白咲まどかを拉致してしまったキモオタ・大森卓郎。

卓郎の部屋に閉じ込められて3日が経過したまどかは、心身ともに疲れ果て、悲しみに暮れる。
繰り返された凌辱の日々が脳裏に蘇り、
まどかの膣内には溢れんばかりに注がれた卓郎の精液が、未だ残る程であった。

「じゃあ早速今日はコレで楽しもうネ!」

数々のアダルトグッズと体操着を手にした卓郎が現れ、またもや恥辱の儀式が始まる。

「ひぃやぁお尻ッほじらないでぇ…びぃあひぃぎぃ!」

不作法にローションまみれの卓郎の指が、まどかのアナルにねじ込まれる。
言葉にならない程の叫びを上げ、力の限り拒絶するまどかだったが、卓郎はそれを許さない。
力に任せまどかのアナルにどんどん指を沈めて行く。
まどかは、アナル処女までも卓郎に奪われてしまうのか――!?

徹底的に貶められる才女の運命は?
ハードコアの旗手・黒乃マサカドが放つ、鬼畜系バイオレンスエロス第3話!!

「マガジンサイベリア Vol.052(BJ024902)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024908
ファイル名/ファイル容量
BJ024908.zip / 5.02MB (5258919Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.052(BJ024902)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「監獄スクールデイズ【第3話】アナル強奪」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件