電子書籍 > 海王社 > 奇跡のザー汁【第5話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年06月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「霧香のオ○ンコ…気持ちイイですぅ!あンあン…オ○ンポ大好きですゥッ!!」

女性をメロメロの虜にさせてしまう精液、まさに奇跡のザー汁を持つ男・鳴尾浜一盛。
キモブサ男の一盛が、まさかのモテモテ!?

近所に住む生意気娘・千草の友人、お嬢様の霧香と再会した一盛。
ザー汁パワーで惑わせた霧香の処女をモノにしたため、
当然嫌悪されているだろうと思っていた一盛だったが、思いのほか友好的な霧香。
一盛の部屋に招待され、戸惑いながらも了承する霧香に、
今回はザー汁なしでセックスに持ち込む計画を企てるが……?

「ごめんなさい…自分でもこんなはしたない女だとは思いませんでした…」

霧香は恥じらいながらも、すでに愛蜜を垂れ流す肉壺を一盛に晒して――!?

エロマンガ界のカリスマ・伊駒一平が放つ異色の新シリーズ待望の第4話!
奇跡のザーメンがもたらす、淫らで濃厚な驚愕エロス!!

「マガジンサイベリア Vol.052(BJ024902)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024906
ファイル名/ファイル容量
BJ024906.zip / 4.22MB (4424842Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.052(BJ024902)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奇跡のザー汁【第5話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件