電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 濡れる温泉郷 年上美女の誘惑祭りにようこそ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

叔母が女将を務める温泉旅館を訪れた少年、弘志。
そこは彼の愛する小説『紅の祭』が執筆された郷だった。
「弘志ちゃんの手で、わたしを気持ちよくしてちょうだい」
叔母・雫の熟れた身体に童貞を捧げた日から、作品の舞台を巡りつつ
年上の美女たちに誘惑される少年。
見知らぬ土地で女の味を知るたびに、
夏祭の夜が近づき──。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024857
ファイル名/ファイル容量
BJ024857.zip / 4.75MB (4982892Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「濡れる温泉郷 年上美女の誘惑祭りにようこそ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

まれびと信仰を根本に抱く不思議な魅力のエロ文学

2017年10月04日  

このレビューは参考になった×0人

先ず冒頭から惹き込まれる。
劇中劇である映画・小説とリンクしクロスする世界観と物語が、読者と主人公の一体化を効率化し、より感情移入出来る環境が生まれている。
聖地巡礼や登場キャラにシンクロするモデルとなった人物たちに関するシンパシーも今風ではあるが、誰しも持つ普遍的なミーハー心に訴え、極めて易しい入り口である。

中身は中身で、民俗学入り交じる、ノスタルジーとも違う古めかしさと土着な神秘性が、これまた魅力的である。
バイトとして来た主人公「弘志」の部屋から朝帰りする若女将の姿を見ても、何故スタッフたちは騒ぎ立てもしないのか。
祭りの前に毎年行われる御神体の中での巫女との禊。その相手に弘志が選ばれたのは何故か。
文化財保護を担当する娘が言う「まれびと相手だからどんなことでもできる」の真意は何か。

勿論エロ小説であるから、そっちの方も不備なく完璧であり、かつやはり艶美濃密。
詳しいネタバレは避けるが、童貞の弘志が最初にエンカウントするエロイベントは「女将のアナルにディープキス」である。
しかも主人公にとってのファーストキスと言う、これ以上無いハードな変態性を巧みに描写する。

”まれびと”として始まりそして終わる、ややほろ苦く切ない文化の一端をエロ小説で味わえるお得な作品である。
私は絵師が木静謙二氏故に本書を手に取ったのだが、意外なほど面白く、一挙両得と言うか、嬉しい誤算であった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]