電子書籍 > 妄想ブックス > アイドルプロジェクト vol.7

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年07月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数32
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ある日、主人公の野上祐紀(のがみゆうき)は、
コンビニでの買い物の帰りに車にはねられてしまう。
幸いケガは軽く問題はなかったが、車から降りてきた男がロクでもないやつだった。
高級車に乗り、いかにもな格好をしていて、いかにも業界人だと言わんばかりの格好。
すべては飛び出してきた祐紀が悪いと言い張り怒鳴り散らす。
腹がたった祐紀が携帯を取り出し警察を呼ぶというと、真っ青になりあっという間に逃げ去ってしまった。
あまりのついてなさにうんざりしている祐紀は、足元に落ちているムダに派手な紙を見つける。
「…………名刺?」裏を見ると「ワンダフルエンターテインメント』の文字が。
慰謝料をとってやろうと行ってみると、名刺の持ち主と間違えられ、
アイドルのプロデューサーをすることになってしまう。
それも、大型新人アイドルで、将来大物になると評判の「ユリシーズ」。
戸惑う祐紀。しかしすぐに思い直し、
「給料をもらって、あいつの名声とやらを地に落としてやるのも面白い。
それに、何よりも今ウワサの大物新人アイドルを、俺のいいようにする……。 
ふふふ、考えただけでワクワクしてくる……!」
プロデューサーを引き受けることにした祐紀。
これから、レッスンと言う名の調教が始まる……

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024789
ファイル名/ファイル容量
BJ024789.zip / 2.35MB (2465613Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

アイドルプロジェクト vol.7の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アイドルプロジェクト vol.7」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件