({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年06月23日
シリーズ名処女騎士アリア
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
ファイル容量
595.21KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

処女騎士の異名で敬愛される王女アリアは、謎の魔道士ネクロマンサーによる
死の呪いで苦しむ父を救うべく、癒しの魔力を秘めるという一角獣の角を得んと、危険な探索に旅立つ。

伝説の幻獣である一角獣は奇怪な動植物や魔獣・亜人が跳梁跋扈する、
いにしえの廃都ゾシークの庭園にのみ棲息するという。
そして不確かな伝承ではあるが、ゾシークには広大無比な地下迷宮があり、
ネクロマンサーはその最深層に居を構えているとも語られている。
かつて剣の師と仰いだ東方の剣聖テン=ゼンが一年前に消息を絶ったのも、廃都ゾシーク近隣の魔境であり、
アリアは廃嫡を覚悟で王位継承の証・聖剣ベネトナーシュを持ち出し怪異に対抗せんと図った。

供をするのは宮廷魔道士見習いイシュカただひとり。
その行く手にはネクロマンサーが差し向ける異形の怪魔どもが立ちふさがる。
国王の全身に闇の刻印が増殖し絶命するまでは七日間。
果たしてそれまでにアリアの探索行は成就するのか?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「処女騎士アリア vol.3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件