({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年06月25日
シリーズ名ロリっ娘くのいち母子相姦
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数46
ジャンル
ファイル容量
1.62MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ロリっ娘くのいち 淫ら忍法帳の桜が帰ってきた! 今度は近親三角姦係!?
あの淫惨な戦いから時は過ぎ、文化四年、将軍家斉の治世は続いていた。
娘であった桜も一児の母となり、すくすくと育った息子の腕白ぶりに振り回される毎日を送っていた。

そんな中、桜は夢を見るようになった。繰り返し見せられている悪夢。
それは、日を追うごとに鮮明に記憶に残り、目を覚ました後も桜を悩ませていた。
そんなある日、桜は悪夢から目覚めると家に息子の颯の姿がないことに気づく。
夢のこともあり、不安に駆られた桜は颯を探しに江戸の町へとむかうことに。
颯を見つけることには成功したが、逃げられてしまう。
憤懣やる形無しといった体で颯を探し続ける桜。その途中で人のうめき声を聞きつける。
あわてて駆けつけてみると、そこには二人の少女が一糸纏わぬ姿で、しかも埃にまみれた姿で地面に横たわっていた。
二人を助ける桜。二人はそっくりな風体をしていた。
二人は双子であり、伊予と南津海と名乗った。
話を聞いてみると、その生い立ちは不憫なものであった。
桜は二人に怪我が治るまで自分の家にいるように勧める。
それこそが、淫獄の始まりとは気づくこともなく……

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ロリっ娘くのいち母子相姦 vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件