({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年05月18日
シリーズ名夫婦交姦ゲーム(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
ファイル容量
5.28MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

新たに仕組まれた「セカンドステージ」に送り込まれた夫・淳一と妻・雅。
二人の前に現れたのは、夫のかつての職場の浮気相手・朱美だった。
セカンドステージのルールは、夫が「妻か浮気相手かを選ぶ」というシンプルなものだったが、
選ばれなかった方には「地獄が待っている」という不安要素も含んでいた。

危機感を感じた朱美は、その身体を武器に淳一に迫る。

「淳一先輩こんなに先っっちょがヌルヌルになってるゥ…ッ」

四つん這いになり、淳一の股ぐらに顔をうずめる朱美。
淳一の男根を丹念に舐め回すように愛撫する。
そしてその様子に、妻として不安を感じる雅。

「わ…私のオ○ンコもいじってぇッ…んッガマンできないのォッ」

まさに競い合い、奪い合いの状態で淳一に絡みつく雅と朱美。
味わった事のない快感に3人ともがこれまでにない興奮を覚え、
淳一の男根はさらに膨張し、雅と朱美の秘部は愛液を溢れさせ吸い付いて離れない。

淫欲か?夫婦愛か?
突き付けられた究極の選択に男は——!?
実力派カリスマクリエイタ—・尾山泰永が放つインモラルゲーム第14話!

「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「夫婦交姦ゲーム【第14話】愛欲の狭間で」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件