電子書籍 > 海王社 > 淫虐の王国オージェ 白濁戦姫エレアノール【第2話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年05月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数26
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

聖印を持ち「白き聖女」と呼ばれるアンリエッタ。
修行の為と訪れた、叔父・ディディエの修道院で肉体改造を施されてしまう。

深い眠りから目覚めたアンリエッタは、途端に敏感に研ぎ澄まされた自らの体に違和感を覚える。
乳首は痛みを帯びる程に勃起し、下半身にまでその疼きと熱は感じられた。

「な…何…?なんでこんなに敏感に…」

アンリエッタ本人が知り得ぬ間に、感度を増すよう改造された肉体。
息を荒げ、頬を赤く高揚させながらも、修業に向かうアンリエッタに、
次々と襲う、澱んだ欲望の試練が——!!

「く…口の中で…こすれて…気持ちいいっ!」

ディディエのいきり勃つ肉棒を口いっぱいに頬張るアンリエッタ。
だらしなく口元から流れる唾液にディディエの精液が混じり合い……。

「これもしゅ…修行なのですか?…ひぃんっっ!」

美しき王族母娘に降りかかる淫虐な悪夢とは!?
エロティックファンタジーの巨匠が描く注目の第2話!

「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024022
ファイル名/ファイル容量
BJ024022.zip / 5.63MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫虐の王国オージェ 白濁戦姫エレアノール【第2話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件