電子書籍 > 海王社 > 母姦獄【第28話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年05月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

保険医・九条しずくの部屋で、母・マヤの凌辱現場を撮影したDVDを見てしまったカイト。
そしてそこで、母を嬲りものにする張本人が親友であるレンである事を知る。

だが、レンはカイトにさらなる過酷な仕打ちを用意していた。
気を失っていたカイトが目覚めると、大型のテレビモニターにマヤの姿が映っていた。
それは、荒縄で縛り上げられ、男達に嬲りものにされるマヤをリアルタイムで映し出したものだった。

「淫乱なメスブタマ○コにぃいーぶち込んでぇええ!!」

愛する息子がモニター越しに見ているなどとは思いもよらない母は、
欲望そのままに淫らではしたない言葉を叫んでいた。

自分の知らないどこかで母が男達のチ○ポを貪り悦びの愛液を垂れ流している——。
剥き出しにされた母の本性を目の当たりにしたとき、
息子の胸に去来する思いとは……?

美しき熟母に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!
重鎮・風船クラブが贈る渾身の超大作、第28話突入!!

第1〜6話を収録したデジタル単行本「母姦獄」好評配信中
第7〜16話を収録したデジタル単行本「母姦獄卍」好評配信中

「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024020
ファイル名/ファイル容量
BJ024020.zip / 5.71MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母姦獄【第28話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件