電子書籍 > 海王社 > 隷嬢未亡人 真理子【第16話】家畜飼育の恥蜜

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年05月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数28
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

亡き夫の納骨のために訪れた夫・博幸の故郷。
そこは淫らな因習に支配された、鬼畜の村だった。

義父を始め、村の老人たちに次々と凌辱される真理子。
未亡人の熟れきった肉体は、老人たちの強力な性欲の前に官能を目覚めさせ、
真理子は快楽の海に溺れる。

真理子は監禁され、村の共有財産の雌牛として、家畜生活を余儀なくされる。
その頃、納骨に行ったまま帰らない真理子を心配した甥の幸彦が、
博幸の故郷に旅立とうとしていた……。

愛する甥が再び官能の煉獄に落ちようとしているとき、
真理子は終わりなき快楽に全身を貫かれ、すべてを忘れて悦楽に身を委ねていた。

巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く濃厚な官能ドラマ、第16話。

「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ024019
ファイル名/ファイル容量
BJ024019.zip / 9.32MB (9772636Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.051(BJ024017)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「隷嬢未亡人 真理子【第16話】家畜飼育の恥蜜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件