電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > メガミクライシスVol.11

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームレーベルから、闘うヒロインが徹底的に
堕とされまくる作品が満載のアンソロジーコミックスが登場!

今号からAnime LiLiTHの大人気PCゲーム最新作
『対魔忍アサギ3』のコミックが連載スタート!
執筆するのは『対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯 THE COMIC』
も手がけた高浜太郎先生!

その他の連載作品も、
TAKE先生の半妖ヒロイン寝取られもの『山狗姫』、
神保玉蘭先生の肉欲ファンタジー『ハーレムウェディング』、
歌麿先生の不良っ子ラブコメ『ばんかラブ!』、
時丸佳久先生の異能バトル『灼光のアンチジェネシス』、
天道まさえ先生の変身ヒロインもの『魔法戦士クローバーウィッチーズ』、
などなど読み応え抜群の作品ばかりです!

さらに、しーあーる先生、白家ミカ先生、
霧生実奈先生のオリジナル作品も必見!

<表紙イラスト>
高浜太郎

<漫画>
『対魔忍アサギ3』高浜太郎 原作:Anime LiLiTH
『山狗姫 淫虐の嫁入り』TAKE
『ハーレムウェディング 〜The Sweet Honeymoon〜』神保玉蘭 原作:竹内けん
『ばんかラブ!』歌麿
『灼光のアンチジェネシス』時丸佳久 原作:天草白
『魔法戦士クローバーウィッチーズ』天道まさえ
『災厄の村』しーあーる
『戦乙女月海 〜受胎契約〜』白家ミカ
『屍の国の王女』霧生実奈

作品情報/動作環境

作品番号
BJ023746
ファイル名/ファイル容量
BJ023746.zip / 118.85MB (124622959Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

メガミクライシスVol.11の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「メガミクライシスVol.11」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

『アサギ3』始動だけじゃなかった!

2013年06月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

今号から高浜太郎氏による『対魔忍アサギ3』のコミカライズが開始。以前に連載されていた『対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯』が充実した内容だっただけに、今作にも期待が持てます。

今回、個人的にヒットだったのは、物語の核心が見えてきた天道まさえ『魔法戦士クローバーウィッチーズ』。
今回はフタナリ化したエリがマミを陵辱する展開。第一話でドヤ顔で出てきた割に、その後は毎度のように犯され続けているマミですが、今回はバックで突かれて無様に悶え狂います。
フェティッシュな描写が特徴的本作ですが、今回は肩甲骨のラインの描き方がエロくていい感じ。後ろから犯される屈辱感、恐怖が伝わってくるいい背中でした。
犯す側であるエリの描写にも見るべき点が多く、射精後の半勃ちペニスの描き方などはいやらしくて最高でした。

そのほかの作品では、安定したエロさの『ばんかラブ』、陰鬱な絵柄が特徴的な『屍の国の王女』などが楽しめました。

以下は本編とは直接関係ありませんが、巻末のあとがきを見ると神保玉蘭氏が目を悪くしているようで心配です。
ここのところ、キャラの顔の描き方に違和感を覚えることが多かったのですが、もしかして…?
ともあれ、神保氏のみならず、作家の皆さんにはどうかご無理をなさらずにいただきたいものですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]