>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年04月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

拡がる感染、変異する細胞——街中に増え続ける感染者達!
費えない異常なまでの性欲と止まらない感染の連鎖に、人の生きる希望は——!?

異常成長した新種の怪物に占拠された研究施設。
柚希を助け出すために足を踏み入れた拓也達だったが、死闘の末に離ればなれになってしまう。
そんな中、避難していたビル内に感染者達が次々と忍び込み、
彼女たちに再び危機が迫る——!!

「放して——あああっ挿入ってくるぅっ!!」

ウイルスによって性欲に歯止めが利かなくなった感染者達。
逃げ惑う彼女達を次々に襲い、穴という穴すべてに盛り切った肉棒を突きたてる。

「いやっ…ビクビクチ○ポ震えてるっ」

膣内に次々に射精され、体も汚れた精液にまみれながらも、
彼女たちはその遅い来る嫌悪感と快感の狭間で悶え続ける…。
いっそこのまま、よがり狂って死ねたらどんなに楽かと思うほどに、
彼女達もまた、ウイルスの影響を受けているのか——?

彼女たちに未来はあるのか!?
爆乳絵師・夢〜眠が放つ、緊迫のバイオハザードエロス最終話!

「マガジンサイベリア Vol.050 (BJ023530)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ023539
ファイル名/ファイル容量
BJ023539.zip / 4.77MB (5006739Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.050 (BJ023530)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫屍感染【最終話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件