電子書籍 > 海王社 > 監獄スクールデイズ【第2話】恥辱の蜜月

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年04月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

快楽中枢を刺激するという怪しいお香を焚いたとたんに、
激しい性欲の渦に捕らわれたキモオタ・大森卓郎。
抑え切れない欲望の赴くままに、片思い中のクラスメイト・白咲まどかを拉致してしまった。
彼女を自宅に監禁し、何食わぬ顔で学校に出席する卓郎だったが、
まどかの失踪が騒動になってないか、自宅に残してきた彼女は逃げ出していないかと、
内心は不安でいっぱいだった。

そして授業が終わるや否や自宅に飛び帰る卓郎。
まどかは無事だったものの、当然怒り心頭状態。
なんとか彼女の機嫌を取ろうとご機嫌取りに出る卓郎だったが、
秀才のまどかが真性の腐女子と分かり、立場が逆転!
手枷に目隠しの状態で風呂場に連れ出し、泡まみれになりながら体中を弄ぶ。

「ヒィやぁアソコに指入れないでェ〜〜!!」

無防備なまどかを力で支配するかのように、
卓郎はいきり勃つ肉棒を、彼女の泡と愛液にまみれた蜜壺に突き射す。
ガラス張りの風呂場に木魂する、まどかの悲痛な叫びに、卓郎が腰を打ちつける音が重なり——。

「ダメ〜〜ッ中に出さないでぇ〜」

徹底的に貶められる才女の運命は?
ハードコアの旗手・黒乃マサカドが放つ、鬼畜系バイオレンスエロス第2話!!

「マガジンサイベリア Vol.050 (BJ023530)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ023534
ファイル名/ファイル容量
BJ023534.zip / 5.86MB (6147569Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.050 (BJ023530)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「監獄スクールデイズ【第2話】恥辱の蜜月」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件