電子書籍 > ジーウォーク > 玉藻前の娘

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年03月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数34
ジャンル

作品内容

ある領に仕える、百姓から成り上がった主人公・万住郎は毎年の大名への貢納を初めて命じられる。
貢納先の一つである神社には九尾の狐の妖怪で伝説の玉藻前の娘であるタマメという獣がいた。
タマメは万住郎の才覚を見抜き、快楽によって下僕へとさせようとするが…?

「マニ・フェチ美少女コミックス PLUM DX 14 (BJ022973)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ022988
ファイル名/ファイル容量
BJ022988.zip / 14.44MB (15146255Byte)
注意事項
「マニ・フェチ美少女コミックス PLUM DX 14 (BJ022973)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「玉藻前の娘」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!タマメ様すばらしいです

2013年03月31日  

このレビューは参考になった×1人

タマメ様の肉球のある足裏での足コキや、
おち◯ちんを長いマズルを使って甘噛みしたり等、
ケモノならではの嬉しいプレイも楽しめます。

男に対し高圧的に振る舞うタマメ様ですが、
次第にペースを奪われ、終いには夢中でおち◯ちんを求めている姿にはグッときます。
強い立場の女がおち◯ちんひとつで屈服させられていく様はいいですよね。

全34ページあるので読み応えがあります。
サンプル画像を見て何か感じた方は是非。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ジャンルに嘘偽り無し

2013年03月29日  

このレビューは参考になった×1人

終始獣人姿での絡みなので所謂ケモナーではない方、または
著者の絵柄等が好みでない方にはオススメできませんね

しかしながら獣人主体な為、ケモナーな方々には大いにオススメします。
一頻り媾った後の彼女の変化には続きを読みたくなる気持ちにさせられました。

なかなかこういった作品は商業誌では見られなかったので
枠にはまらない著者の次の作品にも期待します。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!生粋のケモエロ漫画がここに!

2013年03月28日  

このレビューは参考になった×2人

素晴らしいケモノ漫画です!

最初は「きっとケモノ姿になるのは最後の数ページなんだろうなぁ…」と思ってましたが、読んで驚きました。
最初から最後まで、ひたすら余すところなくフサフサのケモノ娘!
人間形態でお茶を濁すこと無くケモノとエッチする素晴らしい内容でした。

エロ漫画としてのクオリティも高くプレイ内容も濃密、34Pというボリューム。
長いマズルを活かしたフェラチオ等の、ケモノ分を活かした描写も濃厚でした。

ケモノ好きには是非ともオススメ。
ケモノ好きでなくても新しい世界に目覚めてしまいそうな、素晴らしい一本です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]