({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年03月16日
シリーズ名アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数32
ジャンル
ファイル容量
7.28MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

撮影した女を思い通りに操れる不思議なスマホを手に入れたキモオタ男・鎌田。
人気グラビアアイドルを手中に収め、次なる肉欲のターゲットに据えたのは、
人気のタレント女子アナ・悠里ともかだった。
童顔で清純派を気取っているくせに、やたらと目立とうとするともかの勝気な気質。
それは、鎌田にとって「操りたい」という欲望を掻き立てる何よりの材料であった。

撮影した写真の触った感触が本人に伝わるという新機能「タッチ機能」が追加され、
朝の生放送に出演するともかに対し、鎌田はテレビの前から次々と指令を下す。

「どうして…? まるで誰かに触られてるみたいに…!」

姿なき鎌田に乳首を執拗に責められ、訳も分からず快感を押し殺すしか術のないともか。
その手は次第に全身へと移り、予測できない嬲りの連続に必死に耐える。
疑似でありながらも、敏感な体にダイレクトに伝わるその淫靡な感触、
そしてついに鎌田は、生放送本番中の疑似挿入に踏み込む——!!

ノンストップで施される遠隔凌辱!!
女子アナとキモオタ男、交わるはずのない男女が交錯する先は——。
帝王・クリムゾンが放つ至高のエキセントリックエロス、新章突入!!

「マガジンサイベリア Vol.049 (BJ022317)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.049 (BJ022317)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第4話】朝のニュースで公開恥辱」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!衆人監視のなかで

2017年03月09日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]