電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 鼻フックアンソロジーコミックスVol.1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームレーベルから、
オール描き下ろしアンソロジーコミックスが登場!
電子書籍のために描き下ろしたので、
ここでしか読めない濃厚なエッチ漫画が盛りだくさん!

テーマは「鼻フック」です!!
凛々しい美貌のヒロインたちが、
鼻の穴をフックによっておっぴろげられる!
──見目麗しい女性の鼻孔が大きく開き、
そこに群がるペニスが射精をくりかえす…
豚のごとき無様なアクメ顔をさらすヒロインの
ギャップある姿をテーマにしたアンソロジーです!

『Vol.1』では黒髪のお嬢様、変身ヒロイン、エルフの王女様たちが、
鼻フックをはめられて、無様な顔を晒すことに!
豚のような顔で辱められ、鼻の穴を穢される快感にも目覚めていく、
鼻フックアクメ顔をアピールした作品を収録しています!

【収録作品】
『華伏屈〜HANA−HOOK〜』by 石野鐘音
華福学院高校に君臨する花小路財閥のお嬢様、麗華。
黒髪の高飛車令嬢は実家の没落によって無一文となり、
これまで虐げてきた取り巻きと男子生徒たちの慰み者に落ちる。
鼻フックで無様に広げられた鼻孔を筆責めされてからのぶっかけ射精。
さらに豚耳をつけた家畜コスプレで、鼻穴まで犯される
輪姦プレイに溺れていくのだった…。

『守護天使セイントリリー 〜恥辱の鼻フックアクメ〜』by アクオチスキー先生
魔法少女セイントリリーは、
敵の怪人との闘いの中、罠にはまり拘束されてしまう。
体中が敏感になる魔法をかけられ
不様な鼻フック姿をさらすリリー。
彼女は鼻孔を犯される快感に目覚めさせられ、
衆人環視のなか、怪人の奴隷として
堕ちていく……。

『報復は誰が為に』by 抹茶ちゃもも
オークたちによる奴隷エルフへの暴虐も今は昔。
和平への道が開かれ、新しい時代の幕開けに沸く両国。
しかし、水面下では麗しき妖精族への陵辱が
途絶えることはなかった……。
エルフ族の美姫をオーク族の奴隷へと貶める豚鼻化!
獣欲にまみれた屈辱の鼻フック調教が始まる!

表紙:石野鐘音

作品情報/動作環境

作品番号
BJ022148
ファイル名/ファイル容量
BJ022148.zip / 46.69MB (48956647Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

鼻フックアンソロジーコミックスVol.1の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鼻フックアンソロジーコミックスVol.1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!鼻フックだらけ!

2015年11月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

鼻フックプレイが詰め込まれたアンソロジーです。
鼻フックで引っ張られた鼻をどう描くが、作家さんによって違うところが面白いです。
個人的には、魔法少女ものが好きです。鼻オンリーな内容なので、鼻好きの私にとってはたまりません!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]