電子書籍 > 松文館 > 母親の香り(前編)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年03月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数16
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

友人の俺の母親に対する思いを聞き、今まで意識したことのない思いがマモルの中で芽生える。
食事の用意をしていた母に後ろから押さえ付け、股間を押し当てる。
我慢は体によくないと母も言うので固くなったチ○ポをアナルとアソコに交互に突き立てて…。

「姫盗人 2006年12月号 (BJ022002)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ022010
ファイル名/ファイル容量
BJ022010.zip / 6.87MB (7206306Byte)
注意事項
「姫盗人 2006年12月号 (BJ022002)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母親の香り(前編)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!微細な絵で今時ないタッチ

2014年05月31日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

絵の素晴らしさ、線の優美さが女性の美しさを醸し出している。現在の主流はパソコンで作画するのが流行っているのかもしれませんが、こういう絵はいいですね。母親がオンナとしての美しさをこれほどうまく描ける作家は少ないのではないか。この作家の1枚の絵画を購入したいと思った。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]