電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

王の命を受け、魔族討伐に旅立った勇者の末裔・リオン。
辛くも“地の四天王”に勝利した彼だが、毒に冒されて倒れてしまう。
そんな彼を救ったのは、なんと残りの四天王だった!

彼に惚れたらしい魔王の娘・パンドラの庇護のもと、
リオンは新たな四天王として加えさせられてしまうのだが、
ろくに剣も握ったことがないためまだまだ下っ端扱い。

そして、やけに上昇志向の強い元スライムの“水の四天王”ノーラや
さわやかな二枚目だがどこかぬけている“風の四天王”スルト、
威厳があり強いが若干耄碌が始まっている“火の四天王”ベルアルなど、
個性的なほかの四天王とともに、人間界侵攻の尖兵とさせられてしまう。

そんなリオンの前に立ちふさがるのは、
幼馴染みであり、彼に想いを寄せる王国の騎士・セリア
パンドラのヤキモチによって身体の自由を奪われたリオンは、
セリアを襲ってしまうことに。

勇者・リオンは魔族の新たな四天王として、才能を開花できるのか!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ021576
ファイル名/ファイル容量
BJ021576.zip / 9.11MB (9551139Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「どうやら俺は四天王の中で最弱みたいです」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件