電子書籍 > 海王社 > 淫屍感染【第10話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年02月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

止まらない感染の恐怖——街中に増え続ける感染者達
絶える事のない異常なまでの性欲への執着…。
街は、人は、私たちは? …どこに向かうのか?

地下の医療施設で事件は動き出す。
感染や浸食を免れた筈の地下施設での感染者発見…。
怯える女医やナース達の前に現れたのは、感染者よりも恐ろしい怪物だった——

「そんな奥まで犯されたら…だめぇ、おかしくなるぅっ…狂っちゃうぅぅ」

怪物から伸びる何本もの触手が、彼女たちの自由を奪う。
剥ぎ取られた衣類、露わになる胸や膣に絡みつく無数の触手。
先端からは精液を射精させ、彼女たちの体を犯していく——

「お願いそれだけは許してぇっ」

次々に彼女たちの膣内に侵入し、蠢きながらも
熱を帯びる程に局部を掻き回すこの触手は、すでにそれ自体が男性器の如く——…。

浸食され続ける強制交配の悪夢に救いはあるのか?
爆乳絵師・夢〜眠が放つ、緊迫のバイオハザードエロス第10話

「マガジンサイベリア Vol.048 (BJ021527)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ021534
ファイル名/ファイル容量
BJ021534.zip / 4.9MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.048 (BJ021527)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫屍感染【第10話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件