電子書籍 > 海王社 > 奇跡のザー汁【第1話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年02月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

彼女いない歴=年齢=童貞、しかもブサメンという悪条件揃いの鳴尾浜一盛。
女性とは縁遠い存在の一盛だったが、
いい加減玄人でもいいからと脱童貞を計るべくソープに出掛けたある日、
自分がにわかには信じがたい「特別体質」である事を知るそれはなんと……

「オレのザーメンには惚れ薬の効果がある——」

そうと知っては、風俗で脱童貞はもったいない
そこでターゲットになったのが、綺麗だが性格のキツイ一盛の女上司・亜里沙。
残業でふたりきりになるタイミングを見計らい、亜里沙のコーヒーに搾りたてザーメンを投入

「あの…その…あたしね…鳴尾浜君の事が…」

火照りが止まない亜里沙の唇に唾液が混じり合い、糸を引くほど吸い付く一盛。
既にはち切れんばかりに勃起した一盛の肉棒は、
体臭も交じって汗にまみれ鼻を衝くツンッとした臭いを放つが、
亜里沙はそれをねっとりと舐め上げ、喉の奥まで飲み込む。
特性ザーメンにより自我を忘れる亜里沙…一盛は見事脱童貞を遂げられるのか?

エロマンガ界のカリスマ・伊駒一平が放つ異色の新シリーズ
奇跡のザーメンがもたらす、淫らで濃厚な驚愕エロス

「マガジンサイベリア Vol.048 (BJ021527)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ021529
ファイル名/ファイル容量
BJ021529.zip / 3.77MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.048 (BJ021527)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奇跡のザー汁【第1話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件