電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 産卵アンソロジーコミックスVol.3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「イヤ…こんな化け物のタマゴ…産みたくない…!」

異種の生物に無理矢理植え付けられた卵!
無垢な子宮で育った卵は絶叫と共に産み落とされていく!
前代未聞の産卵アンソロジー第三弾!

すべて描き下ろし作品です!

【収録作品】
『本の魔物』by 松波留美
図書委員の美緒は書庫整理の
作業中に奇妙な光る本を見つける。
その本は魔物を封じた本だった!
封印が解けた魔物は美緒の子宮に
次々と卵を植えつけていく。
卵を産むことで処女膜は破れ、
さらには産卵で感じる美緒。
魔物の触手でアナルを犯されて、
彼女は魔物の苗床へと堕ちるのだった。

『Lady Spawner 〜淫蕩なる産卵〜』by 雛瀬あや
剣道部で主将を務める綿貫ほづみは、
最近原因不明の身体の疼きに悩まされていた。
日課のオナニーで身体を鎮めていたところを
悪の組織・ディアボロズにつけいれられてしまう。
触手にまさぐられて子宮を強制的に卵生へ書き換えられ、
彼女は怪物の苗床へとさせられてしまうのだった。

『大魔道士への道』by kinntarou
魔術師エリート家系のクラスメイトを見返すため、
禁断の召喚術で“冥界の覇王”を呼び出した
魔術師見習いの少女。覇王は彼女に願いを叶える
代償を求めるが、それは眷属の卵を身籠ることだった!
処女子宮に卵を埋め込まれ、魔王の巨根に貫かれる破瓜。
激しい突きこみで子宮内の卵をかき回され、
ついには中出しされてしまう。
そして受精した卵が膣内で蠢き始め…。

表紙:松波留美

作品情報/動作環境

作品番号
BJ021374
ファイル名/ファイル容量
BJ021374.zip / 54.33MB (56968797Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

産卵アンソロジーコミックスVol.3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「産卵アンソロジーコミックスVol.3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

産卵(3) 触手(3)

おすすめ!産卵特化のアンソロ作品

2014年06月15日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

産卵シーンに特化したHシーン構成、展開を持つ漫画三作品を内包した、性癖狙い撃ちなアンソロジーコミックの第三弾。

作品説明にも書いてある3作品が描かれており、現代を舞台に女学生が魔物に犯され産卵させられてしまうような展開や、魔女が魔力増強の為に悪魔と契約するも、悪魔に身体を苗床として利用されてしまう、というようなファンタジー物なんかも入っており、兎にも角にも異種姦、そして産卵、というテーマに沿った素晴らしいHシーンが楽しめる作品になっているかと思います。

特に面白いと思ったのは2作品目で、一般的な異種姦、産卵シーンを想像するとモンスターに侵されて胎内に卵を産み付けられて、なんて場面が多いと思いますが、こちらの作品ではなんと子宮と卵巣をモンスターに改造され、人間でありながら卵生へと作り替えられてしまい、自身の卵巣が生み出す大量の卵子を卵として産卵させられてしまう、という何ともマニアックでハードな展開が成されているのが珍しいですね。
無論、他の作品もセオリーな展開を元に、快楽を受ける程に膨らんでいく卵を植え付けられて苦しむ少女や、卵の発する成分によって快楽の虜に墜とされてしまう、といったエロエロな展開で惹きつけてくれます。

異種姦好きは勿論のこと、孕ませ、特に言えば産卵シーンが無いと!という方には持ってこいの漫画作品ではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!産卵アンソロジー第3弾

2013年03月26日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

産卵アンソロジーシリーズも第3弾です。

今回は連続産卵といいますか、一つの作品に複数回産卵している作品が多いですね。
そのため産卵アクメ度が他のシリーズよりも高いので一つずつの作品の満足度はかなり高いと思います。

産卵などが好きな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

好みは『本の魔物』

2013年03月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

手軽な値段で好みの趣向を堪能できるキルタイムさんのアンソロシリーズ。
 産卵という性質上、異種や触手は勿論ですが、やはり卵を多く産み付けられるという状況からボテ腹の描かれ方が重要だと思います。
 その中で個人的に表紙絵も描いている松波留美さんの絵柄やシチュエーションが一番好みでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]