({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

田舎の別荘に引きこもって絵ばかりを描いている王子シャル。
そんな彼を見かねた兄たちは、小国の姫アイナを彼に紹介する。
大国の後ろ盾が欲しい母国のため、結婚を成功させたいアイナは、
初心なシャルに対して積極的にエロエロな誘惑を仕掛けてくる!

夜這いになってきた彼女にペッティングとフェラを受け、
丘の上で絵を描いていたら、昼食のお弁当といっしょに、
デザートとしてアイナのフェラチオ奉仕をご馳走される!
さらにはお風呂場でのパイズリと、彼女の誘惑は止まらない!

しかし、絵描きとなって世界中を旅する夢を持つシャルは、
アイナに惹かれつつも、結婚を断っていた。
そんなある日、山菜を取りに山へ入ったアイナは、
突然の土砂降りで帰るに帰れなくなってしまう。
仕方なく洞穴の中で雨宿りをしている彼女のもとに、
心配したシャルが迎えにやってくる。

雨の降る山という危険な状況にもかかわらず、
迎えに来てくれたシャルに、アイナは本気で惚れてしまい、
これまでのエロエロな態度が嘘のように一変!
初心な様子を見せて自らの処女をシャルに捧げる!

晴れてアイナとラブラブとなったシャルは、
果たして自らの夢とアイナの夢、どちらを選ぶのか!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「新エロデレ セクシー姫アイナの場合」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!甘々なおねショタもの

2013年06月28日  

このレビューは参考になった×0人

第二章まではお姫様がショタの王子の包茎ち◯ぽを指で優しく扱いたりフェラで皮を剥かれたりと年上責めのシチュ、
第第三章からはショタ王子のち◯ぽでお姫様が乱れまくるシチュで年上の女性に責められるのが好きな人もショタがお姉さんを責めるシチュが好きな人も両方楽しめる内容
特に第三章で初めてにもかかわらずショタ王子にGスポを責められてよがり狂うところは何度も抜きました

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!お姉さん好きの人におすすめ

2013年02月03日  

このレビューは参考になった×0人

ショタな王子がお姉さんなお姫様に誘惑されるお話です。
ひたすら甘い展開が続くので、激しいシーンがほしい方にはちょっと物足りないかもしれません。
イラストも可愛らしく安定していて、特にカラーは美麗でおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!舞台設定がツボ

2013年02月02日  

このレビューは参考になった×1人

主人公は大国の王子ながら、歳の離れた兄がたくさんいて王位とは無縁のため、田舎の別荘で好きな絵を描いて暮らしています。そこに、小国の姫であるアイナが見合い相手としてやって来て——と、何と言っても舞台設定が非常にツボでした。
ヒロインのアイナは美しいだけでなく明るい性格と砕けた口調で魅力十分です。また小国の姫として、大国の王族との婚姻を非常にポジティブに考えているので、政略結婚にありがちな暗さがありません。
そんなヒロインにぐいぐい押される主人公ですが、絵描きとしての夢があるということで、誘惑に耐える理由づけと人間的魅力が出せています。
で、なんだかんだで相思相愛になってすんなり終わりかと思うと、一波乱起きて引き離されてしまいます。ここからは、私の好みじゃない結末になりそうな展開で進んでいくため、もやもやした気分で読んでいました。
が、最後は唐突な展開ではあるものの、「個人の夢」と「王族の務め」の落としどころとして個人的に納得いくものだったので、読後感もよく満足しました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]