({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年01月19日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
ファイル容量
6.41MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

蹂躙の限りを尽くされ、快楽にのたうつ雌豚に調教された最愛の妻・ひとみ。
その痴態を目の当たりに夫の隆明は、自分の無能力を棚にあげてひとみを恨んだ。
だが、ひとみは既に自分の手の届かないところで、
汚されても汚されても色褪せない、至高の美しさに輝きながら悦楽の海に溺れている。

そして、隆明がリビドーのはけ口として目を付けたのは、
ひとみの姉である美貌の未亡人・和恵だった。
自宅で思いの丈を姉の女肉にぶちまけた後、見えない糸に操られて、
隆明は和恵を恐るべき肉地獄に落としてしまう。

薄暗い地下室で、昼もなく夜もなく素性も知らぬ男達に嬲られ続ける和恵。
「何ら否のない自分がこんな責めを受けるなんて——」
想像を絶する調教に耐える姉の胸に去来する思いとは?

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ待望の第17話!!

第1〜7話を収録した単行本「偽典 生贄夫人〜秘肛開華〜」大好評配信中

「マガジンサイベリア Vol.047 (BJ020869)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.047 (BJ020869)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第17話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件