({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年01月19日
シリーズ名隷嬢未亡人 真理子
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数28
ジャンル
ファイル容量
7.95MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

亡き夫の納骨のため、夫の田舎に訪れた真理子。
そこには、自分と同じように連れ合いを亡くし、寂しくひとりで田舎暮らしをする、
年老いた義父の姿があった。

愛する夫の面影を残す義父の不自由な暮らしぶりに、
同情を覚えた真理子は、持って生まれた優しさから、夫の故郷を立ち去り難く、
ずるずると牧歌的な日々を過ごしていた。

しかし、何も知らない真理子をよそに、
田舎の村では因習に則った恐ろしい計画が進められていた。
そしてある夜、爛熟の極みを迎えている肉体を平和な日々の中に眠らせていた真理子に、
野獣と化した義父が襲いかかる!

不義の関係を拒もうと、必死の抵抗を試みる真理子だったが、
最愛の人に似た男の愛撫にいつしか女芯は——。

巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く濃厚な官能ドラマ、新展開の第14話。

「マガジンサイベリア Vol.047 (BJ020869)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.047 (BJ020869)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「隷嬢未亡人 真理子【第14話】襲いかかる義父」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件