({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年12月15日
シリーズ名淫屍感染
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数20
ジャンル
ファイル容量
4.7MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

街中にあふれる感染者の姿、逃げ惑う人々——。
徐々に明らかになる化け物たちの実態…費えない性欲への執着心。
残された者達に希望はあるのか!?

ゾンビの子を宿し、異常なまでの性欲に悩まされた少女は、
堕胎手術のため、まだ電子機器の使用可能な地下の研究施設に向かう。
同行した研究員によってその身体を弄ばれ、
手術する代わりに身体を差し出すという条件の下、研究員の命令に従う。
彼女もまた抵抗する意識と別に、貪るように快感を求めてしまうほどに、
その精神侵蝕は進んでいた。

「オチ○チンが…欲しい…ッ」

無理矢理犯されている筈なのに、自らもその男のモノを求めてしまう。
ウイルスによって侵蝕された快楽への執拗な執着と願望。
注がれる精液に、身震いを繰り返す異常反応の数々。

「子宮に…オナカに注いでください!!精子注いでイカせてください——!」

拡がり続ける感染と恥辱の連鎖。
しかしそれは、決して彼女だけに起きている事ではなかった——…。

地獄絵図と化した街には、今もなお感染者の慰めものにされ続ける女性生存者たちが。
学校や職場、自宅でさえ、男たちからの凌辱を受け続ける。
汚されていく少女達の目には絶望の二文字が浮かぶ。
これは現実なのか…それとも…?

爆乳絵師・夢〜眠が放つ、緊迫のバイオハザードエロス!物語の核心に迫る第9話!!

「マガジンサイベリア Vol.046(BJ019761)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.046(BJ019761)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「淫屍感染【第9話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

バイオハザー○風味

2012年12月31日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

ゾンビを妊娠したヒロインに、お腹の中のゾンビを処置してやる代わりに体を要求したりする科学者や、自分の姉を犯す若い弟ゾンビ、自分の生徒を強姦する教師ゾンビなど、所謂ゾンビ映画でありそうな美味しいシチュエーションが多いです。妊娠したヒロインとのHの最中に、お腹の中のゾンビが○○をちぎってしまう等の所は少々グロいですが、他は特にそういうシーンはないので血は1コマだけ注意です。
妊婦Hのセリフ回しや絵がとてもエロいので全体的に少々短いですが、実用性は十分です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]