({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年12月15日
シリーズ名白濁ママ搾り
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
ファイル容量
4.99MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

息子・和樹との約束で精液入りコンドームとバイブを仕込んだまま、
仕事に臨んだ母・弥生だったが、ふとした拍子に膣内のコンドームが弾け、
弥生の中に熱い精液が流れ込む——…。

「ニュース本番中に…息子に膣内出しされちゃった…」

火照る身体を持て余し、必死に平常心を装おうとする弥生だったが、
大勢の人に視られている快感も手伝って、身体の疼きは増すばかりであった。

震えるほどに熱を帯びた身体を引きずり、息子・和樹の元へ向かう母。
少し触れられただけで、弥生の秘部からは止めどなく淫乱な液が溢れだす。
発情したメスの臭いと、今朝の精液の臭いが噎せ返るほどに立ち込める。

「和樹のおチ○ポで今すぐハメまわしてほしいのぉおっ!!」

和樹のはち切れんばかりに勃起した肉棒を、
根元までぐっぽりと咥え込む弥生の女壺は、その快感の度に締め付けてくる。
待ち焦がれるほど欲していた和樹のソレは、弥生の敏感な部分を激しく擦り付け、
その度に弥生の膣内ではうねりが起こった。

「あっ!らめえ!妊娠…しちゃうのにィ…!!」

淫靡な異常愛に耽溺し続ける親子の導き出した答えとは——?
遂に最終話!甘美な母子相姦を淫らに描き切る、にゃんこ夫人様のインモラル連作「白濁ママ搾り」!!

「マガジンサイベリア Vol.046(BJ019761)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.046(BJ019761)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「白濁ママ搾り【最終話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件