({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年12月15日
シリーズ名夫婦交姦ゲーム(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
ファイル容量
4.82MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

高圧的な真実に対し、その夫はかつて真実の職場で部下だった男だった。
仕事の出来る真実が鼻に付くという理由から、
仲間と真実の強姦を決行したものの、真実の力に逆にねじ伏せられてしまったのだった。
しかし、彼はそんな真実の暴力的でもあるSっ気溢れる姿に絆され、
自らの「虐げられたい」というM的な欲求に気付く事に至る。

そんな彼とパートナーにされたのは、真実とは真逆に、強欲な夫に従順にかしずいてきた女。
少し幼くも感じる弱々しい姿だったが、彼はそんな彼女の抑圧された内なる性癖を見抜いていた。

「ブーツで踏まれて勃ってるなんて…どんどん堅くなってくる……」

挑発的な衣装に身を包み、男に懇願される通りに彼を責める。
そうしている間にも、彼女の中に「命令に従わせる快感」が芽生え始めていた。

「ご褒美よ!私のオマ○コッ…気持ちいいでしょう!」

男のいきり勃ったモノに股がり、激しく腰をくねらせる。
奥を突かれる度に液体と肌のぶつかる卑猥な音が部屋中に響き、
更にふたりの興奮を掻き立てる——!!

「はぁああんッ!中で精液がビュクビュク出てるゥ〜ッ」

終わらない過酷禁断遊戯・夫婦交姦。
次のターゲットとなるのは…?
実力派カリスマクリエイタ—・尾山泰永が放つインモラルゲーム第9話!

「マガジンサイベリア Vol.046(BJ019761)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.046(BJ019761)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「夫婦交姦ゲーム【第9話】性奴の証明」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件