電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ビッチアンソロジーコミックスVol.2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームレーベルから、
オール描き下ろしアンソロジーコミックスが登場!
電子書籍のために描き下ろしたので、
ここでしか読めない濃厚なエッチ漫画が盛りだくさん!

テーマは「童貞狩りビッチ、セックス大好き女」です!!
下品な姿を晒しながら腰を振り、それもDTの精液を搾り取る
チ○ポ好き、ザーメン好きな女性の表情はたまりません!

今回も、日サロ上等な黒ギャルビッチや、
一見おっとりながらも実はAV出演してて、
それでも性欲が収まらない後輩系巨乳ビッチ、
さらにはファンタジー舞台で、
男を惑わし食いまくるあやかしビッチなど
バラエティ豊かなビッチストーリーを収録しています!

『レンタル専用!黒GAL女子校生生出しSEX』 by ゴンざぶろー
息抜きにと立ち寄ったDVDショップにいたのは
制服っぽいコスのバイトの黒ギャル。
持っていたAVを指摘され、「アタシとしようよ、今ムラムラしてるし」と
いきなりのしかかってのチンずり開始!
男が経験少ないと分かると積極的に乳首舐めで挿入もリード!
中出しを誘発してさらに濃いセックスになだれ込む二人だった。

『先輩とももパイと』 by 大庭新
妹の友達である百香(ももか)は人気のAV女優の早乙女ももかにそっくり。
そんなことを考えながらもAVで抜こうとしていた矢先、
遊びに来ていた百香が部屋に乱入。
「先輩ってそんなオナニーしてるんですね」と興味津々。
さらに、「本物だって、信じてもらえますか」と
巨乳を揺らしまくりのフェラチオ&種付けセックス開始!
射精した精液にも、汁男優よりすごい汁の量! と喜ぶ百花との
汁まみれな濃密ライフは始まったばかり!

『妖狐ビッチの穴』 by 海原圭哉
武士の出雲は、村の女に乞われて妖怪退治にやってくるが、
それは化け狐の棗(なつめ)の罠だった。
エッチが大好きな棗は、
捕まえた出雲にフェラ責めし、彼が童貞であることを見抜く。
初めての快感に飲まれる男を貪り、妖狐は精液を搾り取ってゆく!

表紙:ゴンざぶろー

作品情報/動作環境

作品番号
BJ019713
ファイル名/ファイル容量
BJ019713.zip / 53.17MB (55750451Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ビッチアンソロジーコミックスVol.2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ビッチアンソロジーコミックスVol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

女の子に主導権を握られたい人へ

2014年12月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

前作のVol.1に続いて購入。
M向けまでとは言えませんが、基本的に主導権は女の子にある作品ばかりで、逆転したとしても彼女たちの掌の上で踊らされているような雰囲気を味わえる作品ばかりでした。
とりあえず女の子に好きなようにされたい殿方には損のないアンソロ集に間違いないでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]