電子書籍 > 若生出版 > COMICプルメロ > COMICプルメロ 2007年10月号

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年04月17日
シリーズ名COMICプルメロ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数161
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

人気作家勢揃いで贈るプルメロ2007年10月号も巨乳てんこ盛りでめちゃめちゃエロス!

こうたろうの大人気連載カラーコミック『B.B.IDOL』や
ゆずぽんの『ぜったい☆cawaii』を始め、
えむあ、ゆうきつむぎ、りゅうき夕海など今をときめく人気作家の作品を一挙に読めちゃうチャンス!

巨乳好きじゃなくても絶対満足できる至極の作品の数々を是非ご堪能下さい!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ019434
ファイル名/ファイル容量
BJ019434.zip / 66.21MB

COMICプルメロ 2007年10月号の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「COMICプルメロ 2007年10月号」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

思わず定期購読したくなるラインナップ

2013年04月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

様々な作家様の描かれた作品を一冊に収めた電子雑誌です。

 個人的に、大満足な内容でした。値段も手頃で、とても得した気分になりました。
 「COMICプルメロ 2007年10月号」と検索すれば、掲載マンガを個々に見ることが出来ますが、個人的にとくにストライクだったものの、あらすじや感想させてもらいます。

 掲載作品
 ・B.B.Idol(著者「こうたろう」様)
 ・五番街のマリア(著者「ゆうきつむぎ」様)
 ・ERO 〜第1話 潤いたいんです!〜(著者「てぃるよし」様)
 ・うしさんカフェはいかがですか?(著者「りゅうき夕海」様)
 ・ぜったいcawaii(著者「ゆずぽん」様)
 ・乱雑交日和(著者「えむあ」様)
 ・JUNGLE TOUR(著者「第25歩兵師団」様)
 ・『桃太郎』本当はエロい昔話 〜日本一の桃子〜(著者「夢〜眠」様)
 ・おもてなし(著者「まるだっしゅ」様)
 ・彼女の仮想空間(著者「宇宙帝王」様)

 個人的に特にストライクだったのは「五番街のマリア」、「ぜったいcawaii」、「『桃太郎』本当はエロい昔話 〜日本一の桃子〜」といったものでした。
 「五番街のマリア」は、妹を助けに行った姉が騙されて拘束されて、性刺激に弱かったためそのまま姉妹一緒に。
 「ぜったいcawaii」は、個人的に内容もさることながら、絵柄もストライクでした。胸チラや弓道少女、男性恐怖症(軽)といった要素に、行為内容の描写も綺麗でよかったです。
 「『桃太郎』本当はエロい昔話 〜日本一の桃子〜」は、鬼退治にいった桃太郎は実は女で、さらに話し合いで解決しようと来たためお供はなく、当然に鬼達に犯されるはずが、逆に鬼達を。

 今回の掲載内容は特によかったです。十二分に楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]