電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 母娘狂艶 誘う叔母、惑わす従妹

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

叔母、郁子の住まいに下宿することになった瑛吾。
だが、知的な叔母の素顔は若い牡性を貪る妖婦であった。
「私、君に悪戯したくてどうしようもなかったのよ?」
そして彼女の娘である、従妹の日和もまた、
女に目覚めかけの肉体で無邪気に若牡を誘う。
叔母と従妹との禁断の関係が行き着く先は…?

<登場人物>
●日生 郁子(ひなせ いくこ)
瑛吾の叔母。翻訳業を営み、
一人娘の日和とともに
マンションで暮らしている。
落ち着きのある三十代の女性。

●日生 日和(ひなせ ひより)
郁子の一人娘で、瑛吾の年下の従妹にあたる。
瑛吾を「お兄ちゃん」と呼んで慕う、
ややブラコン気味の少女。

●殿田 瑛吾(とのだ えいご)
学生。進学のため大学の近くに住む
叔母・郁子の家に下宿する。
幼い頃から叔母に対して憧れを抱いていた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ019232
ファイル名/ファイル容量
BJ019232.zip / 3.51MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母娘狂艶 誘う叔母、惑わす従妹」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件