電子書籍 > 海王社 > 最悪なキミと

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年11月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

生意気な性悪ショタがタイプという悪趣味なOL・佐和。
そんな佐和の好みにドストライクな秋人。
でも彼は……妹・真奈の彼氏。
性悪の秋人は、事ある毎に妹に意地悪を繰り返す。

またもや秋人の嘘に騙され、家を空けた真奈。
そんな妹を思い、佐和は秋人を叱りつけるが、ふたりきりの部屋には異様な空気が漂い…。

「秋人くんのココ、女の子みたいに濡れちゃってる」

佐和のお仕置きと称したその行為に、生意気な秋人も声を震わせる。
強気な言葉で秋人を罵りながら、可愛く腫れあがった敏感な部分を擦り、
先から溢れる精液を丹念に舐めとる。
涙目になりながらも、いきり勃つソレを佐和が甘く噛むと、
秋人は声にならない快感に打たれ、その度にビクビクと身体は痙攣を起こす。

「もっと出して秋人くん…ッドロドロになるまで、奥まで浴びせて!」

秋人を咥え込み、激しく腰を上下させる佐和。
しかし、まさに秋人を征服したかのような佐和の横顔は、
快楽と一緒に、切ない憂いを浮かべていた——。

切ない思いと止められない快楽への誘い…。
大波耀子が贈る、切な系エロティックストーリー!!

「サイベリアマニアックス Vol.004 おねショタ (BJ019162)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ019167
ファイル名/ファイル容量
BJ019167.zip / 5.19MB (5445850Byte)
注意事項
「サイベリアマニアックス Vol.004 おねショタ (BJ019162)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「最悪なキミと」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件