電子書籍 > 海王社 > 白濁ママ搾り【第9話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年11月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

特別合宿が終わり、塾から淫らな洗礼を受けた母・弥生。
その熱は家に帰った後も続き、息子・和樹との濃厚なプレイを繰り返していた。

「らめ…らめよおっ!朝から…おかしくなっちゃうからあ〜〜っ!!」

あの合宿以来、以前よりも和樹に欲情する自分に素直になった弥生。
また和樹も、弥生にその高圧的なS心をぶつけるようになった。

朝の裸エプロンでのプレイを終えた二人だったが、
ついうたた寝してしまった弥生は、自分の下半身に違和感を覚える。

「これ…何?」

先程まで和樹に掻きまわされていた弥生のオ○ンコには、
和樹の精子入りコンドームがぐっぽりと詰め込まれていた。
塾での課題だという和樹の言葉に、
今日一日コンドームとバイブを入れたまま仕事をする事になった弥生。

「意識しちゃ…ダメ…。ああっ今すぐここでオ○ンコオナニーしたいっっ!!」

火照る身体を必死に抑えつけ、平然を装ってテレビカメラの前に座る弥生だったが、
その溢れ出る色気と妖艶に赤らんだ表情を、舐めるように見つめる共演者やスタッフ、
遂にはテレビの視聴者に視姦されているような状態に興奮を覚え——!?

いよいよ佳境!
甘美な母子相姦を淫らに描き切る、にゃんこ夫人様のインモラル連作第9話!

「マガジンサイベリア Vol.045(BJ019153)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ019161
ファイル名/ファイル容量
BJ019161.zip / 4.91MB (5153658Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.045(BJ019153)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白濁ママ搾り【第9話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件