電子書籍 > 海王社 > アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第1話】女を操る携帯を手にした男

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年11月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数34
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

彼女いない歴22年——。
女性とまともに交流したことのない男・鎌田は、ある日街ですれ違った謎の女から、
「写真で撮った女性を自分の思い通りに操れる」という不思議な携帯電話を手渡される。

半信半疑だった鎌田だったが、そんな最中、電車内で人気グラビアアイドルの南雲沙雪と遭遇する。
何度もイメージビデオで観、そのたびにオカズとしてきたそのホンモノのカラダは、
鎌田にとって魅惑的ですばらしいものだった。

そんな願ってもない機会に、鎌田はまさかとは思いながらも、
さっき受け取ったばかりの携帯電話で沙雪を撮影してみる事に。
だが、その行為を察知した沙雪によって、カメラを向けた鎌田は
気の強いキャラそのままの剣幕で責め立てられてしまう。
悪態をつかれた挙句、辛くも撮影に成功した鎌田は、
謎の女の言う通りにとりあえずメールで命令を下す。

すると——

「えっ…?あれ?何…これ?」

突如、身体の自由を奪われる沙雪。
自分の身に何か起こったのか、混乱する沙雪に対し、鎌田は容赦なく次々と指示を放つ。

「手を後ろで組み離れなくなる」「足を少し開く」「股間が疼いて快感がガマンできなくなる」

謎の女が言った通り、命令が現実となったことに気を良くした鎌田は、
命令内容をさらにエスカレートさせていく。
沙雪は直接触られようとも声すら出せなくなる程に、その命令の効果は絶大であった。

「なんなの…もう…さっきから何が起こってるの!?」

巨乳グラビアアイドルとキモオタ男。
決して交わるはずのない男女が交錯する先は——。
帝王・クリムゾンが放つ、誰も見たことのないエキセントリックエロス、堂々始動!

「マガジンサイベリア Vol.045(BJ019153)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ019154
ファイル名/ファイル容量
BJ019154.zip / 8.58MB (8996939Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.045(BJ019153)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第1話】女を操る携帯を手にした男」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

生意気な小娘をいいようにもて遊ぶ話

2017年03月09日  

このレビューは参考になった×0人

ある日写メをとれば相手を自由に操ることができるスマホを手に入れたキモオタがその力を駆使してアイドルにさまざまなことを強要しちゃう話です。やはりクリムゾン作品は作画が安定していてアイディアも素晴らしいので他のクリムゾン作品好きなら買って損のない一品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]