電子書籍 > 海王社 > ヨメビッチ【第3話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年10月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

貞操観念が極端に薄い、性欲旺盛な深空と結婚した雷太。
変わった夫婦の約束事は、
「お互いのセックスライフに口出ししない」こと。
ただし…「浮気はしない」。

深空が雷太に何も言わず朝まで帰ってこない。
目覚めた雷太が連絡を取ろうとすると、表情を曇らせた深空が無言の帰宅。
いつもとは明らかに違う深空の態度に困惑する雷太。

そんな雷太に、昨夜は誰と一緒だったのか、電話に何故出てくれなかったのかと詰め寄る深空。
あまりにも身勝手な深空に、結婚時の約束を投げかける雷太だったが…。

「わたしの雷太…わたしだけの…」

嫉妬と独占欲と快楽への欲求が混濁する深空の言葉に、雷太は意地悪な提案を出す。

「昼間はガマンして…おもちゃで…オレのが入ってるって想像して」

ちょっとお仕置きちっくな条件プレイと、気付かぬ間にどんどん雷太を好きになっている深空は、
一日中、雷太からしか与えて貰えない快感を思い、愛液を垂らして…。

複雑な想いが交錯する新感覚セックスライフ、めでたく(?)完結!!

「マガジンサイベリア Vol.044 (BJ018671)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ018677
ファイル名/ファイル容量
BJ018677.zip / 5.29MB (5551138Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.044 (BJ018671)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヨメビッチ【第3話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件