電子書籍 > 海王社 > 母姦獄【第22話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年10月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

息子・カイトが通う学園の保健室ではカイトと保健医・九条しずくが情交に耽り、
一方、体育用具室では母・マヤが複数の男達に荒縄で縛られ嬲り廻されて愛液を垂れ流していた。

聖なる学び舎がレンの企みによって肉欲の館と変貌——
九条しずくに母の面影を追いながらも、その女体に溺れ母への恋慕を断ち切る決意をするカイト。
マヤもまた複数のチ○ポに肉壷を突かれながら、子が母から離れていく事を覚悟するのだった。
もう母親役に徹しなくてもよいという開放感から、マヤの欲望が爆発する。

「ち○ぽが好きでたまらない…オ○ンコ精液便所なのぉおおお——!!」

容赦なく男達の肉棒から注がれる精液に、マヤは体中を痙攣させ、
その熱をも快感に思えるほどに求め続け——。
息子を引きはがされて孤独のマヤにレンが用意した次のステップとは……?

美しき熟母に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!
止まる事を知らない重鎮・風船クラブの凌辱大作、第22話!!

第1〜6話を収録したデジタル単行本「母姦獄」好評配信中
第7〜16話を収録したデジタル単行本「母姦獄卍」好評配信中

「マガジンサイベリア Vol.044 (BJ018671)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ018673
ファイル名/ファイル容量
BJ018673.zip / 5.54MB (5804961Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.044 (BJ018671)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母姦獄【第22話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件