({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

不思議Hコミック誌『コミックアンリアル』から
豪華執筆陣による美麗フルカラーコミック集の第3弾が登場!
くりから、狼亮輔、uruteら執筆陣も超豪華!
お客様を巨乳パイズリでおもてなしするメイドたち、
快楽の虜となり悪堕ちしたパートナーに犯される変身ヒロイン、
満員電車内で触手に痴漢され気持ち良くなってしまう少女、
スク水とブルマに身を包み処女を奪われる世間知らずのお姫様など
ファンタジーなヒロインとH展開が盛りだくさん!

<収録作品>
くりから『ウェルカムサービス☆メイドさん』
 ——お屋敷を訪れたお客様にはメイドたちのパイズリサービス!
くりから『朝からご奉仕メイドさん』
 ——やる気なし金髪エルフメイドが朝フェラ&朝パイズリで起こしてくれる。
くりから『押し倒しちゃえ☆メイドさん』
 ——我慢できずにふたなりペニスを生やし襲ってしまうエルフメイド。
大石中二『Ghost〜一年目の幻!?〜』
 ——処女喪失のために幼なじみが幽霊になって帰ってきた!?
狼亮輔『ソープランド鬼ヶ島』
 ——鬼ヶ島で巨乳鬼娘たちの気持ち良すぎるサービス!
urute『ひつじのしつじのこやぎさん』
 ——ロリ巨乳な羊っ娘お嬢さまが執事を誘惑して子作りエッチ
urute『がんばれ!おろかもの』
 ——鞭でお仕置きされるたびに絶頂に近づくピエロの少女。
すずはねすず『繁殖実験少女ウテア』
 ——悪堕ちした少女のふたなりペニスで犯される正義のヒロイン。
すずはねすず『座敷童子派遣します』
 ——願いを叶える座敷童の少女は悪人に囚われ孕ませられる。
しょうさん坊主『パトリシア先輩の黒魔術研究会』
 ——魅了の魔法が失敗して発情状態に!?
しょうさん坊主『サキュバス(ハート)西遊記』
 ——気弱な和服サキュバスが男たちに輪姦され白濁塗れに!
しょうさん坊主『おっきくなーれ!』
 ——幼なじみの青年に恋心を抱く妖精が大きくなって初H。
アジシオ『満淫! 触祭の痴漢列車』
 ——満員電車で都会へ向かう途中に触手に痴漢される少女。
キャビア『淫性の闇少女—卑欲を孕むもの—』
 ——精を吸い尽くし男を魔のモノへと堕とす女子校生の姿をした淫魔。
キャビア『輪姦学園にご用心!?—王女さまの受難—』
 ——高貴な王女様の輪姦ぶっかけから始まる異文化交流!?

カバーイラスト くりから

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「別冊コミックアンリアルカラーコミックコレクション3 デジタル版Vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

カラーコミック

2015年03月11日  

このレビューは参考になった×0人

複数の作者で作っている以上一話一話が短くなるのは仕方のないことですが、少し物足りなかったかなという気がします。
しかしどの作者さんの作品も楽しむことができました。

軽く不満っぽく書きましたがこの値段でこのクオリティというのならば十二分に満足できます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!全編カラーのH短編集

2012年09月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

高コストパフォーマンスのカラーHマンガ短編集です。
基本1話完結ですが、くりから先生の3部作は先生の「ぱい☆ずり」メイドさんシリーズの出張版という感じで楽しめました。
なお、短編ゆえに破瓜シーンの描写が淡白になってしまうのは致し方ないですが、このシリーズにしてはヒロインの処女率が高めのような気がします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]