電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第13話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月22日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

自らの肉体を生贄として捧げ、背徳の饗宴に身を沈めた人妻・ひとみ。
その事実を知った夫・隆明は、理性を失うほどの失意の中、
ひとみの義姉にその身を引き裂くような怒りをぶつける——!!

逃げ惑う義姉を追い詰める隆明。
工藤から預かったスタンガンによって力を奪われていく義姉だったが、
それでも頑なに隆明を拒もうとする。
それが逆に隆明の嗜虐心をそそり、急激に理性を失っていく。

「なぜだ…なぜ、私だけが拒絶される!?」

怒りに身を任せ、乱暴なまでに義姉のカラダを責め立てる隆明。
強力な媚薬を淫部に注ぎこまれた義姉は、その疼く秘肉の熱を必死に堪えようとしていた。

「いやぁダメ…ダメッッいやいや…嫌!くひぃいいいいぃ!!」

熟れたその肉体を痙攣させ、膨張し敏感になった部分を震わせる。
媚薬によってコントロールが利かなくなった義姉の身体に、
隆明は残酷なまでに、その肉欲をぶちまけるが——。

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ待望の第13話!!

「マガジンサイベリア Vol.043(BJ018426)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ018433
ファイル名/ファイル容量
BJ018433.zip / 7.38MB (7740789Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.043(BJ018426)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第13話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件