電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【最終話】「私…天罰を欲しがっている…!」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数32
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

遂に迎える終焉…処女喪失の時——。
最後の「天罰」にふさわしい舞台として男達が用意したのは、
2年前、戒律ばかりの生活に嫌気がさして飛び出したのぞみの生家だった。
静まり返った実家の寺の一室で、手足の自由を奪われたのぞみは、
執拗に秘部を嬲られ、必死に漏れだす声を抑えようと唇を噛みしめる。

最後の天罰——。

これまでに何度も寸止めにされ未遂に終わっていたその瞬間が、
自分の生まれ育った場所で、ついに実行に移される時が…
「——!!!はああっ!!」
言葉にならないほどの快感と衝撃がのぞみの身体を走り、
思考は完全に停止し、ビリビリと痺れるような快感が、ただただ繰り返される。
のぞみ自身にも、この凌辱の意味など捉える事は出来ず、
分かる事は、自分が今「天罰」を受けいてるということだけだった——。

のぞみの末路は?
喪失、快楽、絶頂の先にのぞみが見出した真実とは?

今、罪深い小悪魔に最後の制裁が下される。
帝王・クリムゾンが放つヴァージントレイン2、激動のフィナーレ!

「マガジンサイベリア Vol.043(BJ018426)」、
「ヴァージントレイン2〜小悪魔制裁〜 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ018427
ファイル名/ファイル容量
BJ018427.zip / 8.16MB (8553756Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.043(BJ018426)」、「ヴァージントレイン2〜小悪魔制裁〜 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【最終話】「私…天罰を欲しがっている…!」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件