電子書籍 > 海王社 > 白濁ママ搾り【第7話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年08月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

特別合宿への参加を賭け、難問連発の淫らな選抜試験を辛くもクリアした息子・和樹とその母・弥生。
授業参観での出来事を思い起こし、一抹の不安を抱えながらも、親子は合宿に参加する事に。

そこでは、元アイドルの木村彩とその息子・翔も参加しており、
その様子から、まだこの塾の洗礼を受けていないようで、
何やら波乱の予感が弥生の頭をよぎる——。

「木村君のお母さん、中山君に奉仕してください」

遂に始まった特別合宿の「指導」に戸惑う彩だったが、息子の為にと要求に従う。
和樹のはち切れそうな若い男根に無我夢中でしゃぶりつく彩。

「全部奇麗に舐めちゃった——」

和樹のソレから溢れ出る精液を一滴も逃さぬように舐めとる母の姿を
言葉にならない思いで見つめる翔。
しかし、このままでは終わるはずのないカリキュラムの中で彩の興奮はエスカレートして——!?

甘美な母子相姦を淫らに描き切る、にゃんこ夫人様のインモラル連作第7話!

「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ017923
ファイル名/ファイル容量
BJ017923.zip / 5.14MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白濁ママ搾り【第7話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件