電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第12話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年08月18日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

夫・隆明の負債の為、自らの肉体を生贄として捧げた美貌の人妻・ひとみ。
そんなひとみの動向を知った隆明は、ひとみの義姉の家へと向かう。

張り詰めた面持ちで「見せたいものがある」という隆明をいぶかしむ義姉。

そして、大画面のテレビに映し出されたものは——ひとみの不貞な行為の映像だった。
あまり事に驚愕を隠せない義姉を横目に、隆明は映像を止めようとはしなかった。

画面の中で激しく悶え、男根を次々に咥え込むひとみ…。
執拗なまでの羞恥プレイの繰り返しにより、ひとみの熟れた肉体は、
すでに快楽無しにはいられないようになっていた——。

「精液好きですっ…夫のより濃い…ドロドロの子種…おなかいっぱい呑ませてくだあぶぶッ!!」

ひとみの不埒な痴態を目にした義姉は動揺を隠せない。
そして、隆明はその身を引き裂くような怒りを義姉へと向け——!!

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ待望の第12話!!

第1〜7話を収録した単行本「偽典 生贄夫人〜秘肛開華〜」大好評配信中

「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ017921
ファイル名/ファイル容量
BJ017921.zip / 7.07MB (7415048Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第12話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件