電子書籍 > 海王社 > 母姦獄【第20話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年08月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

保険医・九条しずくに保健室に呼び出されたカイト。
その、どこかマヤの面影に似ているしずくの淫靡な誘惑に、
若いカイトの肉棒は固く充血するしかなかった。

レンの性奴として開発し尽くされたしずくの性戯がカイトの肉棒を翻弄する。
射精を繰り返しても尽きない自らの欲情に戸惑うカイトは、
しずくに初めてのセックスを懇願するのだった。

一方、レンに呼び出され体育倉庫を訪れたマヤは、疼く秘肉に愛液を滴らせながら、
大開脚した腰をヒクつかせてレンの肉棒を心待ちにしていた。
そんなマヤにレンが見せたものは——。

美しき熟母に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!
止まる事を知らない重鎮・風船クラブの凌辱大作、第20話!!

第1〜6話を収録したデジタル単行本「母姦獄」好評配信中
第7〜16話を収録したデジタル単行本「母姦獄卍」好評配信中

「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ017917
ファイル名/ファイル容量
BJ017917.zip / 5.24MB (5489635Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母姦獄【第20話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件