電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【第8話】ひとつの喪失

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年08月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数32
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

終焉へのカウントダウンが始まった——。

目的地も分からないまま車に揺られ続けるのぞみ。
その車中ですら、のぞみのカラダには安息の時間など与えられなかった。

抵抗する思いとは裏腹に、執拗に調教され続けたのぞみのカラダは、
もはや快感を手放せず、淫妖な刺激を自ら求め、絶頂を期待するまでになっていた。

敏感な部分を弄られ続け、一度目の絶頂を迎えたのぞみだったが、
男は無遠慮にその秘部に指を差し伸ばす。

「…ッ!!あうぁッ!!」

言葉にならないほどの衝撃。
電流が走るような感覚に襲われ、カラダ中が痙攣する。

「女を狂わせるツボだよ…なかなか強烈だろ?」

のぞみを嘲笑うかの様に男は囁き、研ぎ澄まされたのぞみの性感帯を幾度となく責め立てる。
繰り返される凌辱に耐えきれず、のぞみは自分の罪を……
そして「天罰」を受け入れようとしていた。

そしてついに辿り着いた終局の場所。
のぞみは処女喪失の運命を辿るのか——!?

クライマックス目前!罪深い小悪魔に注がれる、妖しく甘美な「最後の天罰」とは——。
帝王・クリムゾンが放つヴァージントレイン2、佳境の第8話!!

「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」、
「ヴァージントレイン2〜小悪魔制裁〜 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ017915
ファイル名/ファイル容量
BJ017915.zip / 8.95MB (9384900Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.042(BJ017914)」、「ヴァージントレイン2〜小悪魔制裁〜 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【第8話】ひとつの喪失」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件