電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 誘惑の里 僕と美乳天女たち

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、
キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ017590
ファイル名/ファイル容量
BJ017590.zip / 4.44MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「誘惑の里 僕と美乳天女たち」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

エロ天女は誰なのか?ハーレムミステリおっぱいクエスト。

2017年10月04日  

このレビューは参考になった×0人

その裸体で暖め、死の淵から自分を救い上げてくれた謎のエロ天女。
記憶に残る甘美なおっぱいは誰なのか、容疑者として浮上する3人の美女。

本編はミステリ風でも何でもないが、三様の美女たちに惹かれていきつつも、恩人でもあり一目惚れにも近い疼きを抱く謎の人物を頭の奥では探す主人公に普遍的なミステリ要素を見出せる。
出演するヒロインたちも、おっぱいの大きい女医に、おっぱいの大きい巫女、そしておっぱいの大きいナースメイドと品揃えの素晴らしさ。
そしてそれを描くのが稀代の絵師、木静謙二。買わない手は無い。

エロラノベとしても通用するようなサクサクした感覚を楽しませつつも、租借がうまく行かずにお粥を溢す主人公に口移しで食べさせる描写など、ある種のハードさをも併せ持つ。エロ文学として優れた作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]