({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

次期魔王を決めるためのバトルロイヤル——《黒き創世》に
参加する魔王候補の本条那々姫とその使い魔の藍原夏海は、
魔王候補の集団——《煌鳳翼騎士団》が一般人に対して、
猟奇殺人を行っているところに遭遇する。

二人は《煌鳳翼騎士団》と戦闘を行うのだが、
彼らの圧倒的な力の前に為す術もなく追い詰められてしまう!

ところが、そこに新たな魔王候補——富士那汐が現れ、
彼女の助力で《煌鳳翼騎士団》を撃退に成功する。
夏海は、彼女が戦いを止めようとしていることを知り、
幼馴染みの真菜とともに汐と同盟を組むことに。

しかし、夏海たちの奮戦空しく、那々姫は《煌鳳翼騎士団》に
拘束され、拠点へと拉致され、儀式の生贄となるために、
スライムによる全身陵辱を受ける。
衣服を溶かされ全裸となった那々姫は、スライムの身体で
その豊かな胸やお尻、股間など、全身の性感帯を責められる。

一方、夏海は那々姫を助けようと真菜や霧雨姉妹に協力を求める。
しかし、那々姫の不在で魔力の補充ができない彼は、
真菜とエッチをして魔力を補充することに。
兼ねてより夏海に想いを寄せていた真菜は、
シックスナインの体勢で互いの性器を舐めあい、
さらには逆レイプの形で夏海とのエッチを行うのだった。

魔力の補充を行った夏海の前に現れる《煌鳳翼騎士団》。
果たして夏海は無事に那々姫を助けることができるのか!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「灼光のアンチジェネシス2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

こんな作品を待っていた

2013年06月28日  

このレビューは参考になった×0人

作品の世界設定自体はオーソドックスな厨二ライトノベルものですが
だからこそ一般のライトノベルでありがちな寸止め・暗転・キングクリムゾンな展開になるパターンでもきっちりやられてくれる
この作品のエロさが際立っています。
ただ、敵からの陵辱シーンの割合が少なく物足りなさもありますが続刊に期待というところでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]