電子書籍 > 海王社 > ヨメビッチ【第2話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年07月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「お互いのセックスライフに口出ししない」こと。
ただし…「浮気はしない」。

新しい結婚生活のスタイルで日々を過ごす夫・雷太と妻・深空。
そんな中、雷太は飲み会で大学時代の後輩・桧垣と再会する。
当時から互いに映画好きという事もあり、以前から約束していたDVDを渡すため、
二人は雷太の家へと、酒の勢いに任せ向かうことに。

DVDを探しているうちにソファーでうたた寝をしていた桧垣を起こそうと近づく雷太だったが、
酒によるものか、お互いの距離はその吐息が混じり合うほどで——。

「深空さんも、きっと今ごろどこかで、誰かと…」

今夜限りを約束に、その欲望をお互いの体に纏う雷太と桧垣。
雷太の動きに合わせて切なく鳴く桧垣を前に、雷太にもまた快感とは別の感情も生まれる。

「いい子だから桧垣——こっちでガマンして?」

複雑な想いが交錯する新感覚セックスライフ、待望の第2話!!

「マガジンサイベリア Vol.041(BJ016898)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ016905
ファイル名/ファイル容量
BJ016905.zip / 4.9MB (5143147Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.041(BJ016898)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヨメビッチ【第2話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件