電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【第6話】つり革に拘束されて身動きができない状態で…

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年06月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

誰もいない終電に一人両手を拘束されて置き去りにされたのぞみ。
男達が秘部に仕込まれたローターに気付くのは、実に容易なことだった。

自由を奪われたのぞみには抵抗など出来るわけもなく、
ただただ、酔いが回り理性を失ったサラリーマン達に弄ばれる。

幾度となく行われた「天罰」によって開発されたのぞみの肉体は、
異様なまでに敏感になり、快楽に身をよがらせ、
口から淫美な声を漏れ出させる。

局部を弄られ続け、のぞみが快楽に溺れる様を目の当たりにする男達。
その行動はますますエスカレートしていき、ついには下着の中に男達の手が——。
のぞみの体は抵抗したい意思とは裏腹に、
熱く高ぶる刺激に絶頂を求め、その波に呑まれようとしていた。

……これもまた「天罰」の続きなのだろうか?

罪深い小悪魔に注がれる、妖しく甘美な「天罰」——。
帝王・クリムゾンが放つヴァージントレイン2、凌辱極まる第6話!!

「マガジンサイベリア Vol.040(BJ015175)」、
「ヴァージントレイン2〜小悪魔制裁〜 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ015178
ファイル名/ファイル容量
BJ015178.zip / 7.62MB (7995127Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.040(BJ015175)」、「ヴァージントレイン2〜小悪魔制裁〜 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン2~小悪魔制裁~【第6話】つり革に拘束されて身動きができない状態で…」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件