電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > あの日見たスク水をボクたちは憶えていない

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

海棠司郎は、幼なじみでもある若葉と亜理紗をメイドとして従え、
3人での共同生活を送っていた。

しかしある日、彼は頭を打って一日分の記憶を失ってしまう。
密かに司郎に想いを寄せる二人は自分と恋人同士だったと思わせるため、
既成事実を作るべく、スクール水着を基調としたセクシーなメイド服でご奉仕を始める。

お風呂でプールで自室で、ところ構わず迫ってくる二人の誘惑に負けず、
司郎は真実の記憶を取り戻すことができるのか!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ015061
ファイル名/ファイル容量
BJ015061.zip / 8.82MB (9251403Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「あの日見たスク水をボクたちは憶えていない」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件