({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年04月29日
シリーズ名呪詛喰らい師
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数326
ジャンル
ファイル容量
12.91MB

作品内容

槐宝学園都市伝説研究部のメンバーの協力で、
ゼムリヤ・イリュージアの襲撃を撃退した退魔士の咲妃。
彼女は人々を守るため、都市伝説に隠れる淫神を封じ続ける。

排水トンネルの中に潜む大鼠たちの舌によって、
全身を舐められた咲妃は膣に施された処女の封印を破られる。
さらにオンライン恋愛ゲームの裏シナリオに取り込まれ、
虚構の世界で信司を相手に疑似的な処女喪失を経験する。

それでも何とか逆転し、淫神の封印に成功していくのだが、
彼女の前にゼムリヤの所属する「九未知会」が現れる。
阿絡尼に宿る『女弄蜘蛛』の糸に絡められた全身を愛撫され、
その果てにふたなりペニスを阿絡尼に挿入する咲妃。
そして、妖銀貨の二つ名を持つミュスカにはゲームと称して、
ストリップを強要させられ、一般人の観客を射精に導く。

そうして「九未知会」の所有する淫神を手に入れる咲妃だったが、
それはすべて先代の呪詛喰らい師・常磐城久遠の陰謀だった!
「九未知会」の創設者である彼女は咲妃の処女を奪うことで、
自らの身体にかけられた封印を解こうとしていて……!?
果たして咲妃は純潔を、そして仲間を守る事ができるのか!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「呪詛喰らい師3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

処女(2) レズ/女同士(2)
3巻目でついに?

2016年12月31日  

このレビューは参考になった×0人

呪詛喰らい師の3巻目にあたる今作。
咲妃のエロシーンは今迄アナルや母乳、ふたなりと様々でしたが、今作ついに女性器の責めが本格的に行われます。あまり弄られなかったためか耐性がなく相手のペースに持ち込まれてしまい、ついに…?

小説としての呪詛喰らい師最後のストーリー、ぜひ読んで咲妃の痴態をお楽しみ下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

「あとみっく」と侮るなかれ、シリーズ最高潮

2013年10月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

二次元ドリームノベルズと比べて、全体的にマイルドなシリーズとされる「あとみっく文庫」。絵師の方のファンだったため、試しに購入してみたところ、大変にえちぃのなんの。

「ヒロインはすごく強いのだが、相手を浄化するため、浄化の直前までされるがままに快楽責めを受ける」、「浄化の力を保つために、処女を死守しなくてはならない」という二つの根幹になる設定があり、「最後は浄化で勝つ」「本番はナシ」が決まっているのでヌルい、と思っていたら大間違い。

この設定を守って3巻目まで来たためか、前巻までに生半可なシチュは使い終えたらしく、かなりハードなシーンがそろっている。普段は余裕綽綽とした美少女ヒロインが、強烈な快楽責め・連続絶頂によってよがり狂わされるシーンの数々は、壮絶なまでにえちぃ。基本相手が聖なる存在のため、強気な態度にも出られず、「処女だけは奪わないでください」と懇願するシーンなどはストライクでした。

挿絵はロリ系のキュートさとえちぃさを最大限に両立させている或十せねか氏。ボンテージ×黒髪ロング+ハードな快楽責めという要素が、まさしくせねか氏の得意分野であり、挿絵と本文がみごとに調和している。

人間関係もそれほど複雑ではないので、3巻だけを購入するというのでも十分堪能できる。挿絵に惹かれた方、是非お試しあれ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]